2016年04月29日

食べると「エッチ」になる食材とは?

もし意中の人を“ソノ気にさせる”食べ物があったら、一緒に食べてみたい!

 そんな風に思った事はありませんか?(ドキドキ) 実は冷蔵庫に常備されているある食材には“人をソノ気にさせる”成分が含まれていると言われているんです。



その食材とは「卵」。卵には良質のたんぱく質やアミノ酸が多く含まれ、体の熱量を保持する働きをします。

昔から冷たい海に潜る海女さんやダイバーたちの間では「卵を食べると身体が冷えない」と言われ、海に入る前にゆで卵を食べる人も多いとか。

つまり卵を食べると“体が火照る”状態に近づけてくれるんです。

更にイタリアの研究者は「ゆで卵にはバイアグラと同様の効果が期待できる」と発表。

これは卵を茹でる時に出る“硫化水素”(硫黄に近いアノ匂いですね)が体内に入ると、体の隅々まで毛細血管を広げ血流を良くする効果があるためで、

その効果が、毛細血管の集まりである海綿体まで届き……という事だそうです。

上記の理由から、意中の人を落としたいと思った時は、キッチンで一緒にゆで卵を作り、

それを共に食すと効果倍増、と言ったところでしょうか。

卵の効果に期待しつつ、料理と言う共同作業をする事で2人の絆も深まるかもしれません。

記事上村 由紀子


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
takkiservice at 06:27|PermalinkComments(0)女性向けのコラム | 恋愛

2016年04月27日

男らしくない=モテる? 「女子力男子」の魅力とは


料理が上手だったり、甘いものが好きだったり、オシャレやスキンケアにも気をつかったりしているような女子顔負けの男性、「女子力男子」が人気です。

なぜ女性にモテるのか、女性心理をもとに紐解いてみます

美女を射止める愛され男子は、「女子力」が高め?

女性よりも女性らしい!?undefined女子力男子の愛されコミュニケーションとは。

女性よりも女性らしい!? 女子力男子の愛されコミュニケーションとは。


最近、「女子力男子」が人気なのをご存知でしょうか?

「女子力男子」とは、例えば、料理が上手だったり、甘いものが好きだったり、オシャレやスキンケアにも気をつかったりしているような女子顔負けの男性のこと。

芸能人では、料理上手の速水もこみちさんから、美女との恋の噂が絶えない芸人のよゐこ濱口さん、趣味とリアクションが女子っぽいと言われているイケメンモデルの千葉雄大さんなどが「女子力男子」と言われているそうですが、確かに人気者ばかり。

ひと昔前であれば、「男らしくない」「女々しい」と言われそうですが、なぜ、今モテモテなのか

今回はそんな「女子力男子」の魅力を分析していこうと思います。

1.女性の趣味やライフスタイルを受け入れる「共感力」

女子が好きなものが好き。だからいつも共感しながらコミュニケーションを取れる。

デートはカフェでパンケーキ……などなど。女子が好きなものが好き。

だからいつも共感できる。


「男心がわからない…」という悩みは女性にはつきものですよね。

でも、実は、男性って、女心がわからなかったとしても「女心ってわからねえなぁ」と思ったとしても、それ自体について特に悩んだりしないんです!

女性からすると、「共感」は好意であり、コミュニケーションなので、男性(相手)に合わせよう、合わせようと無意識にがんばり、ストレスを抱えてしまうんです。

その点、「女子力男子」と付き合うと、そもそも男性側の趣味やライフスタイルが女性らしいので、女性と感性が近く、いつも共感してくれます。

たとえば、好きなスイーツが一緒だったり、趣味が一緒だったり、自分の好きなものを相手も好きと言ってくれるので、それを共有することができ魅力につながっていくんです。

それはなぜでしょうか?

そのため、女子力男子のように、自分がかわいいと思うことが一緒だったり、素敵だなと思うことが一緒だったり、共感できることがたくさんあるだけで、一緒にいて心地がいいと思ったり、自分も愛されている感じがするものなんです。


2.価値観を肯定は存在の肯定だと知っている「承認力」

同じ目線で付き合えるから、心地いい

同じ目線で付き合えるから、心地いい


「女子力男子」は、共感力が高いので、男女のすれ違いから起こる「男女関係でよくあるトラブル」がグッと減ります。

女性は、自分が可愛いと思っているものに対して、大好きな彼から「それのどこがいいの?」とか「そんなものにお金を使うなんて、理解できない」などと言われてしまうと、

「男性だからしょうがないか」と思いつつも、内心傷ついてしまうもの。

自分で選んだものを否定されるということは、自分自身を否定されているように感じてしまうのです。

その点、「女子力男子」は、持ち前の共感力で、「そうだね。可愛いよね、素敵だね」と同意し、女性の価値観を「承認」することができるのです。

女性にとって、趣味・趣向、価値観を肯定してもらうことは、相手の本質を肯定されていることにつながり、存在を承認することと同意で、それを「女子力男子」は感覚的に分かっているんですね。

だからこそ、「女子力男子」と付き合うと、自分は好きな人に認められている=一緒にいて幸せ、という気持ちになれるということになります。


3.居心地がよく、大切に扱ってくれるから「安心・安全」

聞き上手で同性の友達の感覚で付き合ううちに急接近!?

聞き上手で同性の友達の感覚で付き合ううちに急接近!?


お付き合いの前の段階で、まだそこまで仲良くないのに「すぐに性的な目で見てくる」、もしくは、「もしかしたらカラダだけが目的かもしれない」という疑心暗鬼に陥るのは、女性にとってストレスの原因にもなり得ます。

女性は性的な関係を意識する前に、「一緒にいて安心」な存在かどうかを重視する傾向にあるからです。

また、最近はDVやモラハラ、浮気や不倫などのニュースも多く、「男性が怖い、裏切られたくない、傷つけられたくない」、それが原因で恋愛から遠ざかってしまう女性も少なくありません。

その点、「女子力男子」のコミュニケーションの特性から、女性にとって、「異性」というより「同性」と一緒にいるような感覚になりやすいので、安心できる上、もっと一緒にいたいと思えるのです。

「一緒にいて安心」と認識できれば、男性そのものやカラダの関係に対する拒否反応も薄れ、安心して付き合うことができるようになるのが女性の心理なのです。


4.男女関係の苦楽を「シェア」できそうと思える

家事や料理をシェアして、いっしょに楽しめる結婚生活を望む人にもオススメ。

家事や料理をシェアして、いっしょに楽しめる結婚生活を望む人にもオススメ。


SNSの普及から、「シェア」という言葉が恋愛において好意的に使われるようになりました。

単に、情報のシェアだけではなく、気持ちや感性もシェアすることで、分かち合う傾向が強くなってきているように思います。

実際、ゼクシィ 結婚トレンド調査2014調べの「ゼクシィ結婚トレンド調査」でも、2014年から、「シェア婚」という挙式スタイルをキーワードに挙げています。


「女子力男子」とだったら、二人で同じカフェに行ってスイーツをシェアして、喜びもシェア。

それと同じように、彼が料理や家事が好きだったら、料理の大変さ、家事の大変さもシェアしてくれることになります。


料理や家事を分かち合えるのは、結婚相手としても理想。

料理や家事を分かち合えるのは、結婚相手としても理想。


もし、「女性は家庭を守るもの」という固定概念を持った男性の場合、家事や料理は女性が永遠にやっていかなくてはいけないものになるし、

その大変さを彼は知ろうとも思わず、平行線の一途をたどることになりかねません。

つまり、「女子力男子」と付き合うということは、「なんで私の気持ちをわかってくれないの?」という、男女関係における、女性の大きな悩みが解決するんですね。

だからこそ、彼に愛されている、認められているという風に、女性が安心して恋愛することができる相手として最適と言えるのではないでしょうか?


恋愛ガイド 吉井 奈々
All Aboutより転載



   

         

             
    




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
takkiservice at 01:22|PermalinkComments(0)女性向けのコラム | 恋愛

2016年04月23日

GWの連休はコレでキマり!「格安で楽しめる」カップルの過ごし方5つ

もうすぐ、大型連休のゴールデンウィークがやって来ますね!


長期の休みだからこそ、普段ではできないことをしてみたり、行けない所へ行ってみたいという人はたくさんいるでしょう。


特に、カップルは彼氏と懐具合が違うと、「予算が合わずに予定が決まらない……」といったことになりがちで、何をしようか何処へ行こうか悩んでいる人もいるかと思います。


そこで、海外女性向け恋愛サイト『Lovepanky』で取り上げられた記事を参照に、カップルがゴールデンウィーク中に、格安で楽しめる過ごし方5つを紹介したいと思います。


ゴールデンウィークのような大型連休でなくても、3連休や週末のデートプランにも応用が効くので、ぜひチェックしてみてください!



■1:海外旅行なら、近場で安いアジアがおススメ!

海外旅行で欧米へ行くとなると、航空券代も高くなるしトータルの旅費がかなりのものになります。


すると「カップルで行くにはハードルが高い……」となりがちなので、どうしても彼氏と海外旅行に行きたい!という人は、近場で安いアジアがおススメです!


3泊4日ぐらいのツアーなら5万円以内で行けるところも多いし、物価が安い国を狙えば、現地で使う食費や買い物代もそれほどかかりません。


せっかくのゴールデンウィークだし、1週間以上滞在したいという人は、各LCCの航空券代を検索して、一番安いところを選べばかなりコストを抑えられちゃいます。


LCCでは毛布や枕、機内食のサービスを望む場合は別途料金がかかりますが、自分で必要な物を持ち込んでしまえば、さらに安上がりに!


ひざ掛けや膨らませる枕ならそれほど荷物にもならないし、入国審査を終えた後にコンビニなどでお弁当を買えば、驚くほど低コストで海外へ飛べてしまいます。


そんなLCCを使わない手はないですよね!


 


■2:カップルで国内旅行をするなら、鈍行で遠足気分を!

ゴールデンウィークにカップルで国内旅行をする場合、高速道路での大渋滞は免れません……。


となると、自家用車や高速バスでの移動は、どうしても渋滞による大きな時間ロスを余儀なくされてしまうので、避けたいところです。


といっても、「彼氏が金欠で新幹線は高すぎる」という場合は、鈍行で移動してみてはどうでしょうか?


同じ時間がかかるにしても、ゆっくり景色を眺められて、二人で乗り継ぎ方を調べながら旅する電車なら、遠足気分を楽しめちゃいます!


そうやって、二人で力を合わせて目的地にたどり着く方法を調べながら旅をすれば、よりカップルとしてのチームワークが強固になるし、協力し合いながら、何かを達成する過程を経験することってとても大切です。


それに、途中で良さそうな場所を見つけて、計画していなかった街で過ごすこともできますし、鈍行だからこその旅の醍醐味を味わえるはずです。


■3:ラブホテル巡りで心身ともに絆を深めちゃおう!

旅行に行くお金はないけど、何か変わった楽しいことをしたいというカップルは、ちょっと変わったテーマを楽しめるラブホテル巡りがおススメです!


ホテルに泊まれば旅行気分を味わえるし、映画が鑑賞できるレジャーホテルや中途外出ができるラブホなんかもあるので、二人で相談しながらラブホ選びをするのも楽しいでしょう。


旅行でホテルに宿泊したら、昼間の観光で歩き疲れて夜はバタンキューになってしまいますが、ラブホを楽しむために泊まるのなら、夜はムフフ……な時間を満喫できてしまいます。


この日のために、普段は着ないような超セクシーランジェリーで彼をサプライズしてあげても良いし、エッチな玩具を持ち込んで、今まで体験したことがないようなプレイを試しすのもアリかも!


休みの間に彼と濃厚な時を過ごせば、より二人の絆が深まるはずです。



■4:ひと足先にビーチでリゾート旅行気分!

真夏のビーチって、どこも込み合っているし気温は高すぎるしで、言うほど楽しく過ごせるわけでもないですよね。


そこで、ひと足先にビーチに足を運んでピクニックやバーベキューをすれば、近場でちょっとしたリゾート気分を味わえてしまいます。


家で作ったお弁当やお菓子を持参して、ワインなんかも用意すれば、立派なロマンチックデートに早変わり!


ギラギラと照りつける真夏の太陽の下より、春の穏やかな日差しの下のほうが、思いっ切りビーチを味わえるのではないでしょうか。



■5:近所の山でハイキング

ゴールデンウィークは、どこに行ってもすごい人なので、特に込み合うショッピングモールや、デートの王道であるアミューズメントパークや動物園は遠慮したい気分になってしまいますよね。


それならば、あえてあまり人が行きそうにない、近所の山でハイキングをしてみてはどうでしょうか?


近場でも普段行くことのない山なら、日常生活から一息つけるし、自然と触れ合うことでリフレッシュ気分も味わえてしまいます。


しかも、安上がりなうえ連休中の喧騒から逃れられるとあっては、一石四鳥ぐらいの勢いでデートをエンジョイできちゃいます。


 


いかがでしたか!?


お金がなくても、カップルで特別な時を過ごすことは可能なので、お金に余裕がないからと、せっかくのゴールデンウィークに家に引き込まらずに、彼氏と楽しい思い出を作ってくださいね!


Menjoy![メンジョイ]記事より転載


   


         

             
    




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
takkiservice at 13:07|PermalinkComments(0)