男性

2016年05月16日

男性からの支持率No.1「守ってあげたい女」になれる小ワザ集 パート1

自分の中の女を目覚めさせるための方法、直伝します

男性に「かわいい」と思わせることができる女性は、皆さん結婚が早いです。

しかし、かわいいと思わせるにはどうすればいいの?と思われる方も多いでしょう。

今回はそのコツをお話していきます。自分の中の女を目覚めさせて、かわいい女になりましょう

これまで多くの女性にお会いしてきましたが、男性に「かわいい」と思わせることが上手い女性は、皆さん結婚が早いです。

わたしはかわいくないし…なんて思っていてはダメですよ?かわいいと思わせるには、コツがあります。

今回はその方法をお話していきます。

自分の中の女を目覚めさせて、かわいい女になりましょう!

1.かわいい女は「仕事の顔」をオフに出来る

デートなんだから、微笑んで!

デートなんだから、微笑んで!


幸せな結婚ができる、かわいい女性の条件、まずは「仕事モード」と「私生活モード」をうまく切り替えられるということです。

この切り替えが出来ていない人は、大抵こう言います。

「今の私のままを好きになって欲しい」

言語道断です!切り替えが出来ていないとデート中も仕事の話ばかりで、男性も気が休まりません。こ

れは、デートなのか?仕事なのか?まるで分からなくなる事もあります。

「この前の商談で…」「部下の●●が」「仕事で●●のようなことがあったんだけどあなたならどうする?」「もっと仕事のことでも相談して欲しい」など…せっかくのデートがまるで仕事をしに来ているよう。

 同僚とのランチの方がよっぽど気が楽だと感じられてしまうかもしれません。

そして、この切り替えこそが「かわいい女」の第一歩なのです。

「仕事モード女子」の特徴はとにかく顔が険しい!大好きな彼に会うために、一生懸命メイクした顔も台無しです。

大好きな彼に会うんですよ?そしたら微笑んで会いましょうよ。

彼はあなたに会うことで癒されます。癒しの存在であるから、「また会いたい」と思われるのです。

まず、男性の前では「仕事の顔」をオフ!にしてください。それだけで貴女の可愛らしさは格段にアップします。

2.かわいい女はちょっとだけ「女の弱さ」を見せている

男性は「女を守りたい」生きもの。あなたが強すぎては、彼の出る幕がありません!

あなたが子どもだったころ、固く締まった新しいジャムのビンのふたを開けてくれたのは誰でしたか?

天井から吊るされた蛍光灯が切れたとき、それを取り替えてくれたのは誰でしたか?

お父さんを思い出して男性心理を知る!

お父さんを思い出して男性心理を知る!


きっと、お父さんだったはずです。

お父さんはちょっと嬉しそうにやってくれたはずです。

「自分がいなければ家族が困るんだ」と自分が大切にしているものを「守っている」と言う実感をそこで得ているんです。

婚活を進める上で大事なことは、男性心理を知ることです。

そういう時にはお父さんを思い出してみてください。お父さんだって男です。

お父さんをよく観察すれば、男性が生来、「女を守りたい」生きものだと言うことがわかると思います。

これは実際私が会員さんに指導していることですが、一人の時は重い荷物を頑張って持っていたとしても、男性が近くにいる時は「重~い」と顔をつらそうにゆがめてみましょう。

言い方によっては「なんだこの甘ったれた女は!」と思われる危険もありますが、まずはこういう「弱さ」を見せる意識を持つ事です。

子どものころ、お父さんに頼っていたあなたをよみがえらせてください。

婚活がうまくいかないという人は、このことを忘れているのです。

大人になって社会に出て、仕事相手と戦い甘く見られまいと頑張っているうちに強い女性になりました。

大抵のものは“ヒョイ”っと持ち上げて、オフィスをさっそうと歩いているのでしょう。

そんな自分を少し変えてみませんか?

ときには、「重くて私には持てないわ」「お願い、そっちを持ってくれない?」などといって「女は弱い」ということを、まず自分自身に思い出させてあげるのです。

きっと周りの男性も喜んで助け舟を出してくれるでしょう。

女性も、強く逞しくなければ生きにくい時代です。しかし生来、女性はか弱い生きものなんです。

神様が男と女をこの世に生み出したのは、きっと男性は女性を守る強さ、女性は男性を包む優しさを与えたかったからなのかもしれません。

ちょっとだけ「女の弱さ」を見せてみる…これを意識して取り入れれば、本来の弱かったあなたが「モテる女」へ変身する瞬間を作りだしてくれるでしょう。


   
>>次のページでは、見た目のお話しをしていきます!

恋愛ガイド 植草 美幸

All About記事より転載

   

         

             
    




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
takkiservice at 06:38|PermalinkComments(0)

2016年04月10日

男性の“ずるい言葉”にダマされていない?

男性の“ずるい言葉”にダマされ、まんまと引っかかってしまう女性は意外といます。

こんな“ずるい言葉”にダマされていませんか?

ずるい言葉”にご注意!
ずるい嘘を信じちゃダメ!

ずるい嘘を信じちゃダメ!


男性の“ずるい言葉”にダマされ、まんまと引っかかってしまう女性は意外といます。

こんな嘘にダマされていませんか?

ずるい言葉1:「下ネタを言う女性って、いいよね!」

飲み会やお食事会の席で、下ネタを振ってくる男性というのは存在します。

それに応えないと、ノリが悪いと思って、つい自分のH経験を暴露してしまう女性もいます。

ただ、基本、H話に乗ってくる女性に対して、男性は「この子、あんまり頭良くないな(ダマされるタイプだな)」「この子なら、遊べるな」と思っていることが多いのです。

例え彼があなたの言うことに面白がっていても、腹の底では見くびっている可能性が高いのです。

相手に好かれたかったら、むしろエロネタに乗ってはダメですよ!

逆を言えば、すでに下ネタを振っている時点で、「今日の会で本命のカノジョを見つけよう」と思っている可能性は低いでしょう。

一般的な良識のある男性であれば、相手に嫌われないように下ネタは避けようとしますしね。

もし、下ネタを振られたときは、「ナイショ!」と言っておき、それでもしつこいようであれば、「もしお付き合いすることになったときは、分かるかもよ」と冗談で色っぽく言っておきましょう。

>>まだまだ女性がひっかかりやすいズルい言葉はあります。次のページをご覧下さい。


恋愛ガイド ひかり All Aboutより転載

   

         

             
    


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
takkiservice at 02:45|PermalinkComments(0)